スポンサーサイト

次のページへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイを録画したい!

次のページへ

ゲーム中で『模擬でのプレイを録画したい』という話がでて、
プレイ画面の録画方法をちょっと調べてみました。

画面の録画というのには大まかに言って2種類あるようです。

 ・たんなるデスクトップ画面の録画
 ・DirectX を使っている 3D ゲームの録画

前者は操作手順の説明とかに便利だったりしますw
で、もちろん、プレイ画面の録画は後者になります。
# 間違えて前者を使うとデスクトップの壁紙しか撮れてなかったりしますw


んで、ちょろっとググってみると、

 ・Fraps    ⇒窓の杜の紹介記事 ⇒別の紹介記事
 ・Dxtory   ⇒窓の杜の紹介記事
 ・Dxrec    ⇒窓の杜

あたりがメジャーっぽいです。
Fraps と Dxtory の比較記事とかもあったり。
でも、残念ながらみんなシェアウェアなのでした・・・。
# べつにシェアウェアが嫌いなわけじゃないですが、人に勧めるのはためらわれるのです^^;


んで、見つけたのが DxCapture というフリーウェア。
国産で、設定もシンプルで、お手軽に使えそうな感じです。

  ⇒ 作者様のサイト
  ⇒ 窓の杜

インストールも不要なのでさっそくお試し♪

まず、録音はダメっぽいです(USBオーディオは未サポートっぽい)。
まぁ、今回の目的(模擬の反省用)にはいらないのでOKw
設定はほんとにシンプルで、悩むところはないです。

とりあえず、リスボンの街中を走り回って試してみる。

 ・フレームレートは 30 と低めに
 ・保存場所はシステムディスク(Cドライブ)とは別の eSATA HDD
 ・録音は無し
 ・録画はハーフサイズ設定
 ・録画形式は無圧縮(ぉ
 ・ゲームのウインドウは 1152x864
 ・画面の色数はもちろん 32bit フルカラー。

できた AVI ファイルは1分で1GB。
画像サイズは 576x432 (ハーフサイズ設定なので)。
再生してみると、とくにラグも無く十分見られる品質でしたw

模擬中はCPU負荷も高いのでたぶんラグラグになりそうですが、
さっそく模擬があるみたいなので(週末の大海戦に備えてのです)
試してみようと思います♪

==================================================
■ 追記(メモ) ■

・録画形式は『Microsoft Video 1』がいいらしい。
   ⇒ CPU負荷は無圧縮より高いですが(あたりまえw)、
     ファイルサイズは1/10以下になりました。
・FFDshow というコーデック(フィルタ?)もいいらしい?ブログに貼るときは Flash (swf 形式)がよいらしい。
   ⇒ Flash への変換には Riva FLV Encoder というものが便利らしい。
   ⇒ Free Video to Flash Converter というのもいいらしい。音ズレ対策
   ⇒ 音ズレ科
     ⇒ VirtualDubMod
     ⇒ VirtualDubMod の日本語化撮った動画の編集には AviUtil というのがいいらしい。
   ⇒ AviUtlのお部屋Display2AVI というソフトもあるらしい(シェアウェア)。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。